京都の婚約指輪の販売店について

京都の婚約指輪の販売店について

あるサイトの京都にある婚約指輪の販売店は、15件掲載しています。

年間38000種類のデザインを生み出しているお店は、オリジナル商品・アレンジオーダー商品・フルオーダー商品を180名以上のクラフトマンをかかえて、自社での制作から販売までを一貫して行っています。

京都河原町駅徒歩3分にあり、年末年始を除き年中無休にて営業しています。

国際コンテストで入賞歴をもつお店では、オーストラリア産の天然ピンクダイヤが婚約指輪を飾っています。

江戸時代に生まれ、400年の伝統技法の歴史を持った専門店では、金属の色の違いを利用して木目模様を表現した婚約指輪にいろいろな種類の桜の花の形をあしらった形にしています。

京都に自社工房を設けているお店では、婚約指輪の一つ一つを、流れるような表面仕上げ、立体的な仕上げ、全ての角度からのフォルムが整っていて、作品として作られています。

着け心地は、熟練の職人の手で実現されており、選りすぐりのダイヤモンドや高純度の貴金属に特殊な加工を施して硬度を持たせて、一生ものとして、使用できるように完成度をあげています。

京都で販売されている婚約指輪について

京都で販売されている婚約指輪には、京都の伝統の文化や新しいものを求める革新からの芸術性を受け継いでいるものがあります。

京都で創業150年の歴史のあるお店では、ルースの買い付け、デザイン設計、宝石加工、婚約指輪の完成品としての製造まで、一貫して行っています。

熟練の職人の感性により芸術性を持った指輪が一つ一つ丹精に作りあげられます。

貴金属部分の硬い表面にヘラで磨く伝統的な技法を行い、表面の美しい光沢と強度を生むことになります。

ダイヤモンドを挟む爪の部分は、主役のダイヤモンドを引き立たせるために、強度が持つ極限まで小さくしています。

婚約指輪は京都で買う

指輪の輪の側面の装飾としてのミル打ちという小さな丸い点を同じ大きさ、同じ間隔で連続して売っていく優れた技法も取り入れています。

使用するダイヤモンドの基準は、重さ0.25カラット以上、色Fカラー以上、透明度VSクラス以上としています。

リングは、全て純度95%以上のハードプラチナと呼ばれる貴金属を使用しています。